縮毛矯正を辞めるのに必要なもの

縮毛矯正を辞める為に必要なこと

とても癖が強い人が、縮毛矯正をかけて3カ月経過すると、ロングでもショートでも、とんでもなく変な髪型になりますよね。

経験ありませんか?

そんな症状。

ロングの場合、癖の部分とストレートの部分が、くっきり分かれて、なんとなく四角い髪型になってしまいます。

もっと、大変 なのがショート。
ウネウネピーンってなって、毛先が四方八方暴れてしまいます。この場合、本当にまとまらない。

強い癖をお持ちの方で、それでもやっぱりストレートにしたい方は、このような事態を踏まえて、定期的に縮毛矯正をかけ続けていく覚悟でかけましょう。

それに、縮毛矯正は、一度かけたら切るまでとれません。

「いいの、縮毛矯正かけ続けていくから、いつも綺麗な状態でいる方がいいわ!」

って方は、全然縮毛矯正で構いません。

ただ一つだけご注意を‥‥。

縮毛矯正やストレートは、美容室の施術の中でも1番負担のかかる施術です。
何度も何度も縮毛矯正して、ほとんどダメージゼロを実現できる美容室って、極々、僅かしかございませんから、本当に、ご注意して下さい。
傷んで、ボロボロになってしまったら、何の為に縮毛矯正しているのかわからなくなってしまいます。

さて、縮毛矯正を辞める為に、最も必要なこ
と…

何だと思いますか⁇

縮毛矯正やストレートを辞めたい!

そう強く思うことです!

この気持ちが本当に大事です。

それができないと、先ほど述べた、癖とストレートの境目くっきり、とか、ウネウネピーンのショートに耐えることはできません。

この苦しみに耐えてもらいながら、なりたいスタイルによって、三種のカット。三種のトリートメントを駆使して、1日でも早くその苦しみを抜けでしてもらうことくらいしかYELLにはできません。

ただ何人ものお客様から縮毛矯正やストレートを卒業して、本当に良かったというお声を聞いてきました。

意思の固い方は遠慮なくご相談ください!

それでも
縮毛矯正がどうしても必要な時もあります。

ただ必要もないのに、縮毛矯正かけて、後で、苦しんでいる人もたくさんいます。

そんな方に参考にして頂きたい!

縮毛矯正をキュビスムカットで克服した事例!

最初はボブくらいの長さで、毛先に縮毛矯正が残り、クルクルピーンってなってました。
とても、まとまりが悪かった状態でした。

そこから一回目のカット

そして今回のご来店の際の時のビフォー写真。

縮毛矯正が毛先2センチほどに残っています。

そのビフォーがこちら

そしてキュビスムカットアフターです。

ほとんど癖は気にならなくなりました。

人生初の短さだそうですが、とってもお似合いです。

縮毛矯正辞めたい!

と思ったら、まずはご相談ください!

059-384-5296

こんな記事も読まれています

  1. キュビズムカットか普通のカットか?いったいどっち?

  2. 短くできます。キュビズムカットなら

  3. 世界が変わる?キュビズムカット‼︎

  4. キュビズムショートの実力

  5. 何故美容室に酸素ルームなのか⁈

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA