ヘアカラーの化学物質にお悩みの方へ!そんな場合にハナヘナはおすすめです

髪の毛に悩む女性

カラーリング化学物質にお困りではないでしょうか。

そのような方の場合、ハナヘナがおすすめです。

ハナヘナは天然成分100%のため、化学物質が一切含まれておらず、カラーリング剤の種減量であるパラフェニレンジアミンのアレルギーや、化学物質過敏症の方、化学薬剤による頭皮と髪ダメージでお困りの方でも使用できる可能性があります。

今回はそのような方にハナヘナがおすすめできる理由を解説します。

一般のヘアカラーは危険な化学物質からできてます

ヘアカラーの普及により、パラフェニレンジアミンのアレルギーを発症する人が増えています。ひどい場合皮膚が爛れたり死に至ることもあるので注意が必要です。

また、綺麗な染色と引き替えに、毒性の刺激性の強い化学薬品が使われており、髪のダメージや頭皮老化による細毛、弱毛に悩んでる人も多いと思います。

化学物質過敏症の方にもおすすめ!

化学物質過敏症の方にも、ハナヘナはおすすめできます。

化学物質過敏症とは、化学物質に触れ続ける、または過剰に摂取することで、めまいや頭痛、倦怠感、不眠など、健康に悪影響をもたらす症状です。

この症状は一度発症してしまうと、確実な治療法はなく、化学物質を避けるしか方法がなくなってしまいます。

ハナヘナは天然成分100%使用しており、化学物質は含まれていません。

そのため、化学物質過敏症の方でも使えます。化学物質過敏症が気になるひとにもおすすめです。

しかし、自然の植物であっても、ごく稀にヘナにアレルギー反応が出る人もいます。小麦粉アレルギーや花粉症があるように、アレルギーだけは仕方ありません。

そのため、事前にパッチテストしておくのがベストです。

ただし、ハナヘナとヘナは別であることに注意

ハナヘナは天然のヘナ100%ですが、ヘナはそうではありません。

ヘナと呼ばれるもの中には原材料の一部にヘナを使っているだけで、染まり具合を良くする為に化学物質(ジアミンやニトロ染料)を入れてるものが多くあります。

そのため、化学物質過敏症の人はもちろん、ジアミンアレルギーの方や、髪や頭皮のダメージを気にする人には、おすすめできません。

ヘナを利用するときには、使用している原材料をよく確認しましょう。

まとめ

ハナヘナは化学物質を一切含んでおらず、手選別で天然100%を実現している数少ない信頼できるブランドです。化学物質過敏症の方や化学物質が気になる方にもおすすめです。

身体の為、髪の為に、せっかくヘナ染めを選択するのであれば、賢くハナヘナを選択したいものですね。

こんな記事も読まれています

  1. 女性の後ろ髪

    ハナヘナの安全性は大丈夫?美容師が安全性を説明します

  2. 髪の毛を鏡で見る女性

    ハナヘナに弱点はある?天然素材特有の注意点を解説

  3. ヘナの粉末

    ハナヘナとヘナの違いとは?品質や製造方法の違いを解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA