ドライヤーで髪の毛を傷めないためには?おすすめのドライヤーは?

ドライヤーをあてる女性

「ドライヤーは髪の毛を傷める」そう聞いたことはないでしょうか。

髪の毛を乾かすのは髪の毛を守るためにも大切です。しかし、ドライヤーは使い方を間違えると、髪の毛を傷める場合もあります。ここでは髪の毛を傷めないドライヤーの当て方を紹介します。

髪の毛を傷めないドライヤーの使い方

髪の毛を傷めないためには、ドライヤーを正しく使うことが大切です。ここでは髪の毛を傷めないドライヤーの使い方を解説します。

タオルで優しく拭く

タオルで拭くときは髪の根本を優しくマッサージするように拭き、根本以外はタオルではさむように拭きましょう

丁寧に拭けば、髪の毛を乾かす時間が短くなり、ダメージも抑えられます。

温風は同じ場所に当て続けない

ドライヤーの熱は髪の毛を傷める要因になるため、同じ場所に当て続けないことが大切です。

ドライヤーを小刻みに揺らす、髪の毛を動かすなどしながら、髪の毛の同じ場所に当たらないようにしましょう。

ドライヤーを10cm以上離す

ドライヤーは髪の毛から10cm以上離しましょう。熱によるダメージを抑えられます。ただし離しすぎると風量が足りず乾きにくくなります。最初に乾かすときは風量は強めにしましょう。ある程度乾いたら風量をおさえていきます。

髪の毛を乾かす過程で形を作る

髪の毛を乾かす過程は髪の毛の形を作りやすいタイミングです。そのため、ある程度乾いたら、形を作りはじめましょう。

ストレートにしたい部分は髪の毛を軽く引っ張りながら当てると、髪の毛がまっすぐになります。

髪の毛を乾かさないのもNG

ドライヤーは髪を傷めるからドライヤーを使わないというのも髪の毛によくありません。髪の毛は濡れた状態のままだとダメージが入りやすいためです。

髪の毛を傷めないおすすめのドライヤー

髪の毛をできるだけ傷めないドライヤーが欲しいという人もいるのではないでしょうか。

そのような場合は復元ドライヤーがおすすめです。

復元ドライヤーは通常のドライヤーと仕組みから大きく異なります。

振動気化方式により、手早く髪の毛を乾かしつつ、マイナス電子と育成光線によって、髪の毛をきれいにしてくれます。

まとめ

ドライヤーで髪の毛を乾かすのは大切ですが、正しい使い方をしていないと、髪の毛を傷めてしまいがちです。

そのため、温風で髪を傷めないよう、こまめに振りながら、乾かせばダメージを抑えつつ、髪の毛を乾かせます。

この記事を参考に髪の毛に負担をかけないドライヤーのかけ方を身につけ、髪の毛のダメージを抑えましょう。

こんな記事も読まれています

  1. 髪の毛の健康

    きれいな髪のためには健康が大切?髪と健康の関係とは

  2. 不思議やわ〜キュビズムカット

  3. ヘアオイル

    髪にオイルをつけるのはダメージが残る!その原因は?

  4. キュビズムカットか普通のカットか?いったいどっち?

  5. もう、どうにもならない毛先をどうするか?

  6. 世界が変わる?キュビズムカット‼︎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA