カラーリングで白髪が増える?メカニズムや対処法を解説します

カラーリングしている髪

「カラーリングで白髪や薄毛が増える」
そう聞いたことはないでしょうか。

カラーリングや白髪染めは髪の毛や頭皮に負担をかけてしまうため、その場ではきれいになっても、将来的に白髪や薄毛を増やしてしまいます。

そのため、その場限りの考えで安易に染めてしまうのは将来を考えればおすすめできません。今回はカラーリングや白髪染めには、どのような悪影響があるのか、白髪や薄毛を避けるためにはどのようなことをするべきか、説明します。

カラーリングは髪の老化を促してしまう!

白髪になった場合や、髪の毛の色を変えたい場合、カラーリングを利用することがほとんどでしょう。

しかし、カラーリングはその場だけではなく、将来的にも悪い影響を与えます。カラーリング剤は強いアルカリ剤と過酸化水素(活性酸素)により、髪の毛だけではなく、頭皮にダメージを与えます。頭皮にダメージを与える結果、頭皮細胞が老化させ白髪や薄毛に繋がる可能性が高いのです。

そのため、カラーリングをすると、その場では白髪がなくなり、髪の色も自由にできますが、長い目でみると、薄毛や白髪につながってしまいます。

一度老化した頭皮は元に戻らない

頭皮は一度老化してしまうと元には戻せません。後からのケアでも、髪の毛のダメージは減らせても、頭皮自体のダメージは残ります。

白髪染めやカラーリングを続けてくると、増えるのが以下のようなお悩みです。
「白髪染めで、髪の毛が傷むようになった」
「髪の毛が細くなってきた」
これらのお悩みについて、髪の毛の傷みについては今後のお手入れによって、改善する場合もあります。

しかし、頭皮については一度傷んでしまうと、そう元には戻りません。

カラーリングや白髪染めをする場合、今がやり方で本当に問題ないのかということをよく考えましょう。

髪の毛に負担をかけない染め方を扱っている美容院は少ない

髪に毛に負担をかけないためには、カラーリングや白髪染めのやり方を考えないといけません。

将来白髪や薄毛を減らしたいとお考えであれば、髪の毛に負担をかけない染め方に切り替える必要があります。

しかし、世の中の多くの美容院では、そのような染め方は扱っていないのが現状です。

まとめ

白髪染めやカラーリングは薬害によって髪だけでなく頭皮にもダメージを与えるため、その場だけではなく将来にも悪影響を与えます。

そのため、髪の毛と頭皮に刺激を与えない染め方やお手入れの仕方を考えることが大切です。

特殊なトリートメントをセットすることで、頭皮と髪へのカラーリング剤の薬害負担を最小限にカラーリングを楽しんで頂けます。

髪の毛に負担をかけない天然100%の植物成分のハナヘナであれば、化学物質が入っておらず、水分や油分を保持できるため、髪の毛や頭皮に負担をかけません。

それ以外にも、YELLでは髪に優しい取り組みを行なっており、お客様へのアドバイスまでさせていただいております。

髪の毛のことを第一に考え、将来まで含め髪の毛をきれいな状態に維持できるようサポートいたします。

詳しくはYELLまでご相談ください。

こんな記事も読まれています

  1. ドライヤーをあてる女性

    ドライヤーで髪の毛を傷めないためには?おすすめのドライヤーは…

  2. トリートメントの考え方を知ってほしい!

  3. キュビズムカットか普通のカットか?いったいどっち?

  4. 美しい髪は元気な身体が創る

  5. 遺伝も年齢も関係ない!薄毛も細毛で悩まない為にできること………

  6. 不思議やわ〜キュビズムカット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA